すーずとにっく

砂の味がするのみもの

興味本位で覗いたゲイストリップで今を生きる力みたいなものを見た

初めてメンズストリップの世界に触れた頭でっかちな女おたくのいち感想です。レポは素敵な絵の描かれる方々を見てもらう方がいいと思います…すみません。大島さんがRTとかしてます。

 

Twitterで見かけたレポ漫画をきっかけに、大島薫さん好きな連れと阿佐ヶ谷Loft-Aへ。

ストリップといえば歌舞伎町や円山町の周りの「ご開帳~」のイメージだったので、年確なかったけど大丈夫か……と思っていたら

想像以上に健全な方向で、ただ脱ぐ、絡むじゃないプロの表現の舞台だった。

ただえろいの想像してた浅はかな私でごめんなさいだわ……

(とはいえ最終的にほぼ下着姿だし濃いめに絡むよ!ポロリはないよ!)

 

演目の話

物語性のある演目、それぞれの個性を生かした役を演じるダンサーさん。

理由のある脱ぎや絡み、関係性を前提とした演目は(あ~ふじょしがすきなやつ~~)と文字通り手を合わせました。

この日は1人演目がなく、2人(もしくは4人)だったのもある。(なお組はリアルカップルとのこと)

見せるための綺麗な身体と美しい動き。ごちそうさまでーーっす!

 

 

演者さんの話

二千戦錬磨の超美形エースカミュさんと

そのリアル彼氏の色白モデル系新人 ウリさんと

カミュさんとステージを共にして8年目の手練れの先輩 朱雀さんの構図、あまりに漫画とかで見たことあるやつだった。えっ現実?現実なの?

大島さんがまたそれをそれを上手に引き立てること全員が全員"わかってる"空間の気持ちよさよ……。

 

個人的には朱雀さんのプロっぷりがすごく素敵だなと思いました。腐作品の登場人物をあまりにも再現していて(このキャラどこかで読んだことある?)みたいな気にすらなる徹底加減が、演者としてすごく魅力的だなと思った、

あまりこうやって真面目に語るようなもんでもないと思うので営業妨害になったら申し訳ないんですが

 

余談ですがあれから朱雀さんの既視感ってなんだろうって考えてて、あーげれつたなか先生の世界線だ!と思った……伝われ……(まずかったら消す)

 

チップタイムの話

これはちょっとキャパオーバーなのでもうほんと体験して確かめてください……言葉に……できない……しては…いけない……

 

 

さて。

BL自体も含め色々な物事もそうだけれど、ジャンルに括られることのいろんな不自由さがあるなかで

そこを軽々と超えて「だから何?」ってその時を楽しんだり、その枠をわざと利用したり、そんな強かさが眩しくて

浅はかな興味とたっぷりの煩悩を携えて行ったはずのメンズストリップでまさかこんな現代をどう生きる、みたいなことを考えることになるとは思いませんでした。

普段はメンズダンスと銘打っている皆さんがあえて「ゲイストリップ」なんてあからさまな言葉を利用してるのも象徴的なのかもしれません。

 半裸の美しい男性とそれを笑顔で見つめる女性たちの"わかってる"者同士の楽園がそこにあった。

 

あっあとみなさんすごくいいにおいでした

自己肯定感が低くて自己愛が強い状態を持て余している

自己肯定感が低くて自己愛が強い状態を持て余している。自覚はあって、どうすればいいか分からなくて、水槽の中の生き物を見るように、観察する時間がここ数年続いている。

 

「もっと自信を持って」とか「自分を大切に」とか言われるたびに(20代前半は本当にめちゃくちゃよく言われていた)、なんとなくしっくりこない感じがあって、自己肯定と自信とか自己愛ってもしかして別のものなのかも、と思い始めた。

それで最近やっと「自己肯定感が低くて自己愛が強い」状態なんじゃないかということはなんとなく掴めて、少し気が楽になったんだけど、扱いかたはまだよく分かっていない。
ちなみに自分を好きにならないと他人を好きになれないよ〜とかなんとか言いますが、好きになるならないとかでなく「私が否定する私を好きなあなたとは意見合わないですね」ということなんじゃないかなと思います。

 

 


私は自分を大嫌いなんだとずっと思っていた。
だけど、自分嫌いにしては褒められたいし、美味しいもの食べたいし、貶されたら不愉快だし、蔑ろにされたくない。不快や攻撃を避けたい。心地よい場所で甘やかされたい。大切にされたい。すごく。

 

自分が大事で、自分がかわいい。
でも自己否定が癖なので、自分が大切にされる価値がある人間だとは到底思えない。
ここで「私が否定する私を好きなあなたとは意見合わないですね」が発動するわけです。地産地消
逆に自分を否定してくる何かに「おお、趣味合うね」となるかと言われればそうではなく、普通に凹むし。

幸せだな楽しいなという状態になると(お前にその資格あんのか)と石を投げる自分が常にいるので、自分が幸せでいて欲しいのかどうかも分からず行ったり来たりしていて、

自信や自己愛がいくら高くても自己肯定感を補うことにはならないらしい。

 

 


アイドルとか、表舞台に立たれる方々を見ていると、自分なりの自己愛の扱いかたを見つけているんだなぁと感じる人が多くて、そういう人は魅力的に映る。
自分好きだなー!と笑っていたのは、本当はずっと羨ましさだったのかもしれない。妬みと言ってもいい。今は憧れ。
あと自分嫌いの方がなんかカッコいいと思っていたんでしょう。恥ずかしいですが、まあそんな時期もある。


サブカル(笑)みたいな空気感ももう終わった感がありますし、
ぱんぱんに腫れ上がって抱えきれなくなった自己愛とどう付き合うかは、たくさんたくさん恥をかきながら学んでいきたいと思います。今日はその一歩。